トップページ > リトルマーメイドのイギリスパン

あしたの朝、イギリスパンと。

シンプルでまっすぐなおいしさだから、毎日でも飽きがこなくて、楽しみ方も多彩。そんなイギリスパンを、リトルマーメイドの「顔」として、今日もひとつひとつ心をこめて焼き上げています。

  • イギリスパンのこと
  • イギリスパンを楽しむレシピ
  • イギリスパン研究会

イギリスパン進化!

塩味のおいしさこれからも!イギリスパンが、この春、原材料の塩を淡路島の藻塩(天然の海水と海藻からつくられる塩)に変えてさらにおいしくなりました。まろやかで旨みのある塩味に進化して、風味もすっきり。朝のトーストもサクサクです。

イギリスパンを楽しむ

厚さのコト おいしいトーストのコツ 保存方法
スライスの厚さでおいしさも変わります。
薄く切ってサクッとしたトーストの食感を楽しみたいカリカリ派(本場イギリスでは7~8ミリの超薄切りが主流)。厚めに切ってもっちりと旨みを楽しみたいモチモチ派。
東日本は薄めで西日本は厚めの傾向にあるという説も。あなたはどっち派ですか?
トーストするときは、まずあらかじめトースターを温めておくことが秘訣。
高温でサッと表面がきつね色になるまで焼き上げます。すると水分が逃げず、もっちりしっとり!になるのです。
イギリスパンは、四角い食パンと違って生地を入れたケースにフタをしないで直接火を当てて焼き上げます。だから生地が勢いよく伸び、トーストするとサクサク!
保存する際は、「冷凍」が基本(冷蔵庫は逆にパンの老化をすすめるので×)。
スライスを1枚ずつラップで包み、ポリ袋などに入れて冷凍庫へ。食べる時は、冷凍のままでトーストしてどうぞ。
  • イギリスパンのこと
  • イギリスパンを楽しむレシピ
  • イギリスパン研究会
このページのTOPへ